雑貨 B社様

リアルタイムに各店の状況を把握・分析しながら在庫の見直しを実践。この結果、売上アップと在庫効率アップに成功。

・お客様の業種:雑貨専門小売業 ・導入店舗数 :50店舗

雑貨 B社様

お客様が抱えていた導入前の課題

課題1

在庫情報がデイリーバッチによる更新のため、リアルタイムで各店の在庫状況が把握できなかった。これにより品切れ商品を他店舗から取り寄せる場合、見つかるまでスタッフが各店へ電話確認するなど、時間ロスによる販売機会の損失を招きやすかった。

課題2

これまで使用していたシステムではデータ分析時の項目が固定されていたので、エクセル出力後に項目の並びを変えたり、削除したりといった2次加工をする手間が毎回発生していた。

課題3

以前のシステムでは、データ量が増大するとシステムレスポンスが低下していた。そのためエラーやシステムにつながらない等の問題が発生し、業務の効率が非常に悪かった。

ATEMS Retailを選定したポイント

ATEMS Retailを選定したポイント

導入したシステム構成

ASP/SaaSの導入によって本部と各店舗間をセキュアネットワークで結び、リアルタイムで各店の状況を把握。店舗の増加にも柔軟に対応できるシステム環境を構築しました。

導入したシステム構成

導入システム

導入後のビジネス効果

【効果1】業務効率が上がり、余分な労力・コストを削減!

リアルタイムの在庫把握で業務スピードがアップ!

各店の在庫状況をリアルタイムに把握できるようになったため、時間ロスによる販売機会損失が抑制され、在庫回転率もアップした。さらに在庫確認のための不要な電話連絡が無くなり、余分な通信費や人的負担も削減できた。

簡単かつ自由な分析で効率的に戦略立案ができる

ドラッグ&ドロップによって分析項目が簡単かつ自由に設定できるようになり、誰でも簡単に見たい分析を行なえるようになった。また、一旦作成した分析条件が保存できるので、再設定の手間を省くことができた。

分析専用システムが必要なくなり、ランニングコスト削減

多種多様な分析機能がパッケージ内で標準装備されていたため、分析専用システムが不要となり、ランニングコストを削減できた。

【効果2】多角的な分析を簡単な操作で行えることにより、戦略的な店舗運営を実現

多角的な分析に基づいた戦略立案
STEP1

日次・月次で分類別売上・仕入・返品・在庫・粗利を把握

STEP2

売上ABC分析を行ない、店舗別に最重要商品を洗い出し

STEP3

店舗の地域・ロケーション・坪数をベースに「売上・粗利・客単価・回転率・交叉比率・GMROI※」など、複数の評価指標から商品を評価。在庫回転の効率化を図る手段を検討。

店舗のカラーに合わせた商品投下分析が、リアルタイムで可能になった。

※GMROI・・・「売上総利益÷平均在庫高」で出される、在庫回転率に着目した経営指標

【効果3】自社環境に合わせたサーバー構築で安心運用

処理速度の向上と安心運用

データ量に合わせたサーバー構築が可能なため処理速度が向上し、安心して運用できるようになった。また、店舗拡大によるサーバー拡充がしやすくなった。

もっと詳しく知りたい、デモを見たいなど、お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

▲ページの先頭へ